【悩み】頭が臭い時どうしたらいいですか?

若い頃は「無臭だね」って色んな人に言われてきました。
しかし、三十路を過ぎた頃から自分の子供に「ママ臭いぃ~」と言われるように・・・。
年齢とともに臭いが出てきて、まさか【加齢臭?!】とむことに。
皆さんはどうですか?
若い頃は無臭でも年齢と共に頭が臭くなっていませんか?
今回は頭が臭くなってしまう原因や対処法について書いていこうと思います。
頭の臭いで悩んでいる方の参考にしてみてください。

どうして頭が臭うの?

頭が臭うというのは正確には頭皮が臭っています。毎日洗髪しているのに、臭いが発生しているのは、ほとんどの場合頭皮に原因があります。頭皮にある毛根に皮脂が溜り、酸化する過程であの頭特有の臭いにおいが発生しると言われています。食用油も酸化を起こすと臭いですよね?皮脂は油分が多くありますので酸化を起こしてしまうと臭ってしまうのです。

また、皮脂は常在菌の餌になってしまいます。通常、常に私たちと共にある常在菌は増えすぎることなく私たち人間と共存をしています。しかし、皮脂が増えることで常在菌が繁殖し過ぎると臭いの元になってしまうのです。

カビが原因で頭が臭くなってしまう事もあります。不衛生にしていたり濡れている状態(または蒸れている状態)のまま放置してしまうと人間の温かい体温と湿気で頭皮にカビが生えてしまう事もあります。カビの臭いもかなり臭いです。1度カビが生えてしまうと病院で治療を行ったとしても根治は困難だと言われています。

頭皮の臭いを改善するには?!

頭皮の臭いを改善・予防するには毎日の地道なケアが必要です。

洗髪は1日1回はするようにしましょう。逆に洗いすぎもよくありません。1日1回を目安に洗髪するようにします。手に取ったシャンプーは髪の毛に付ける前に良く泡立ててから頭につけ洗ってください。爪などで強くこすり過ぎないように気を付けてください。流す時は丁寧にしっかりとすすぐようにしましょう。シャンプーやコンディショナーが毛穴や頭皮に残っている状態が臭い発生の原因にも繋がります。また、自分に合わないシャンプーやコンディショナーの使用は頭皮が臭くなってしまう原因にもなり、他のトラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。

洗髪後にはしっかりと根元から乾かしましょう。地肌が濡れていると常在菌が増えてしまい、臭いの元になる可能性があります。洗髪後の髪の毛は放置せず、ドライヤーでしっかりと乾かすことをおすすめします。