「ペロペロ発毛法」とは?

皆さんはペロペロ発毛法っていうのをご存知ですか?

テレビ番組でやっていたので知っている人は知っているかもしれません。

私はそのテレビ番組を観るまで知りませんでしたが、なんとも内容がなかり衝撃的だったので記事にしてみようと思いました。

薄毛にいい?!ラクダに頭を舐めてもらう!?

エジプトでは薄毛対策にラクダに頭皮を舐めてもらう発毛法がポピュラーみたいです。かなり驚きですよね。ラクダの口臭がバラの香りとは到底思えません。あるサイトで「口が臭い動物ランキング」というものがあったのですが、ラクダは堂々の第7位にランクインしていました。キリンが1番口が臭く、その次にカバ・象・ニシキヘビ・ライオン・犬・ラクダ・シマウマ・レッサーパンダ・カピバラと続きます。そんな口の臭いラクダに舐めてもらうなんて・・・錯乱してるとしか思えませんよね。

一方、コロンビアでは牛に頭を舐めてもらう発毛法方が一般的らしいです。どっちみち家畜なんですねwこちらの映像では緑色のペースト状の液体を禿げた頭皮に塗って、それを牛に舐めてもらうという方法です。どちらにしても動物の手加減の無いベロベロ攻撃で、かろうじてある毛も抜けてしまうのではないかと思って観ていました。

ビフォーアフターもありましたが、やらせではないかと信じられません。

しかし、ちゃんと調べてみたところ唾液には発毛する成分が含まれている事がわかりました。

唾液で頭皮に希望が!?

ある発毛専門で研究している先生は唾液で毛が生えると言っています。嘘だろ!って感じですよね。しかし、唾液に含まれる成分が知覚神経を刺激しIGF-1の促進に働きかけているみたいなのです。唾液は年齢と共にどんどん分泌が悪くなってきます。薄毛も同様に年齢と共に頭皮が寂しい事になってくるのと関係があるのでしょうか。

マウスを使った実験では唾液腺を取られたマウスの毛並みが悪くなるという結果もあるみたいです。

動物のみならず、人間の唾液にも含まれている成分みたいなので自分で唾液ケアしようと思えばできますよね。しかし、よだれ臭くはなりますがw

特別ラクダや牛を使うことはないみたいです。