フケが出てしまう!?原因って何?!

フケってなんで出てしまうのでしょう。

どんなに清潔にしていても不潔に見られてしまったり、清潔感がないと他の人に嫌煙されてしまっていい事はありませんよね?

歳だからというわけで出てしまう訳でもなく、年齢問わず出ている人は出ています。

今回はフケが出てしまう原因について探っていこうと思います。

フケとは?

フケは肌の角質が剥がれ落ちたもの。いわゆる「」です。

角質が剥がれ落ちることは肌を持つ人間なら誰しも起こる事なので、フケが出る事自体はなんの不思議ではありません。自然なことなんです。

規則正しい生活をして、毎日シャンプーをしていたらそこまでフケが出て困るって事はほとんどありません。

しかし、フケが大量に出てしまって困るってぐらい出てしまう時は頭皮に何らかの異常が起きている場合があります。

フケには2種類あり、粉みたいな細かいフケの「乾性フケ」

大きな塊や、頭を掻いた時に指や爪に溜まってしまう「脂性フケ」の2種類があります。

それぞれの原因や対策についてご紹介したいと思います。

乾性フケの原因と対策

乾性フケの主な原因はズバリ「乾燥」です。

頭皮が何らかの原因で乾燥することによってフケが出てしまうのです。

冬場など乾燥の強い季節など口回りが乾燥で白くなる事ってありますよね。そのようなことが頭皮で起こっているんです。

では、なぜ頭皮が乾燥するのでしょう。

頭皮が乾燥してしまう原因に洗髪時のシャンプーやコンディショナーにある場合があります。洗浄力の強いシャンプーやコンディショナーを使うと頭皮に必要な皮脂までゴッソリ洗い流してしまいます。必要な皮脂が無くなってしまうと頭皮の水分が蒸発してしまい乾燥してしまうのです。

対策としては、自分に合ったシャンプーやコンディショナーを使う事!また、洗いすぎない事も大切です。生活習慣の乱れも頭皮を乾燥させてしまう原因にも繋がります。

脂性フケの原因と対策

何らかの原因で皮脂が必要以上に増え、皮脂で頭が覆われることを脂漏と言います。この脂漏がフケの原因なのです。

どうして皮脂が出てしまうのでしょう。

頭皮も肌同様皮脂が出ています。しかし、増えすぎてしまうと脂漏になってしまうのです。

皮脂が過剰に出てしまう原因は沢山ありますが、主な原因としてマラセチア菌という常在菌のカビが増えてしまって脂漏になってしまうと言われています。

この場合は病院に行っても根治は難しいそうです。しかし、マラセチア菌が居なくなれば治ってしまうそうです。

また、皮脂はストレスや睡眠不足・暴飲暴食などの乱れた生活でも過剰に出てしまうこともあります。

フケを予防したい方は生活習慣から見直すといいかもしれません。